私の普通とあなたの普通は違うもの


よく「普通はこうだよね」って言ったりしませんか?

私も以前はそれこそ「普通」に使ってた言葉です。

だって、自分にとってそれが普通(当たり前)なんだから。

でもよくよく考えると、これって凄く危険なこと。

どんなに仲の良い友達だってすべての普通が同じ

はずがないのです。

例えば山手線でお化粧する女子、これは普通が分かれるし、

優先席でのスマホゲームも人によって違うし、

場合によっても違ってくる。

カウンセリングをしていて、「これって普通ですよね!」

「普通~こうしますよね!」って言われます。

私はその場合「あなたはそう思うんだよね」ってかわします。

これはあなたがそう思うのは自由、でも私の普通とはちょっと

違うかもね というニュアンスを残します。

年齢・性別・国籍・地域・学校・家族・ライフスタイル

差異は沢山あります。

だから最初から、そしていつもどこかで

お互いに「違うんだよね」っていうスタンスにたつと、

対等に相手を見て、冷静にいることができます。

学生時代のように、自分の嫌いなものを、あなたも嫌いよね?

みたいな考えはしない方がよいのです。

普通なんて有ってないようなもの。

その人が生きている環境によって全然違って当然。

だから私の「普通」を受け入れてもらうためには、

あなたの「普通」も有りだよねって言ってあげましょう。

私はむしろ何でも合わせてくる相手より、

思いもかけない理由を言ってくる人に興味が沸きます(笑)

そそられます^^

もちろんそれが相当ネガティブでない限り。

「普通」という言葉にどうか縛られず、

あなたらしく、私らしく堂々と生きていきましょう。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア