一人が寂しい


「ぼっち」とソリスト

どちらも「一人」を

指している単語なのに ずいぶんイメージが

違うって感じませんか?

もし、あなたが誰かに

「ソリスト」か「ぼっち」の

どちらですか?と 質問をされたとします。

あなたはどちらになりたいか?

人からどちらに見られたいか?

どちらがより尊敬すべき人か?

ほとんどの人が「ソリスト」を 選ぶのではないでしょうか?

「ソリスト」と聞いて思い

起こすのは オーケストラやバレエの舞台。

壇上で一人で見せ場を作れる スターというイメージでは

ありませんか?

最近話題のCWニコル氏は、

ソリスト(=独創するヒト)と

定義しています。

私の定義は「一人で何かを

確立している人」です。

自ら努力や研鑽を

惜しまなかった人。

なりたくてそうなった人。

自分の立ち位置が

しっかりある人。

他人に左右されない人。

ところが「ぼっち」の

イメージは、

こちらはなりたくて

なったというより、 情況でそうなってしまった

そんな感覚が伴います。

「ひとりぼっち」のぼっち。

どことなく可哀想で

触れてはいけないような状態。

周囲から身を隠すような

寂しい状態。

ソリストは孤独を愛し、

孤独を選ぶ。

ぼっちは孤独を嫌い、

孤独にまとわりつかれる。

孤独を味方にできたなら そこには心の平穏がある

のではないでしょうか。

私は大人になってからは ソリストでありたいと 心から願っています。

自らが奏でる音楽に

心酔するかのように

生きたいと。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事